デュラララ!! #2「一虚一実」

第一話の裏側。
原作第一巻を読んだが、一章一章ごとに時系列や視点が変わり、事件を追いかける話のためか
新聞のテレビ欄では声:神谷浩史となっていた。
またOPで前回のあらすじを載せるのもバッカーノ方式だが、
OPで真相を知っている人にとってかなりのネタバレがあり、ニヤリとさせてくれる。
最近はやりの第一話でギミックを仕掛けるのとは真逆で、
二週目や原作を読んでいれば更に楽しめるかめばかむほど味わえる作品。

2009/10-12月期終了アニメアンケート(ブログ参加者用)  

パソコンが壊れたので見ることができる量が一気に減ったのは痛かったなぁ。
01,11eyes,x
02,青い文学,x
03,NEEDLESS,B
04,にゃんこい!,B
05,ささめきこと,B
06,けんぷファー,B
07,空中ブランコ,A
08,獣の奏者エリン,A
09,こんにちは アン,x
10,そらのおとしもの,x
11,クプー!! まめゴマ!,x
12,うみねこのなく頃に,C
13,アスラクライン 2 (2期),x
14,真・恋姫無双 (2作目、1期),B
15,聖剣の刀鍛冶 (ブラックスミス),C
16,生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録,C
17,WHITE ALBUM (ホワイトアルバム 2期),x
18,ミラクル トレイン 大江戸線へようこそ,B
19,秘密結社 鷹の爪 カウントダウン (2期),A
20,クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 (2期),x
21,乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ (2期),B
22,夏のあらし! 春夏冬中 (あきないちゅう、2期),B
23,Darker than BLACK 流星の双子 (ジェミニ、2期),A
24,まほろまてぃっく ただいま おかえり (特番),x
25,ひだまりスケッチ×365 特別編,x
26,おんたま! (ネット配信),B
27,古墳ギャルのコフィー (2期),A

03,NEEDLESS,B、意外な拾い物というかなんというか、エロ、ギャグ、アクション、神作画
意外と感動するお話など深夜アニメでできる娯楽性というものを突き詰めた作品でした、
特にギド博士役の内海賢二氏のツッコミはさすが超ベテラン声優の実力をかんじました、星三つ。
04,にゃんこい!,B、夕方でやるようなアニメももはや深夜アニメに、星三つ。
05,ささめきこと,B、後半は百合というより女の子同士友情という、どちらかといえば肉体よりも精神面を描いているのは好みでした、星四つ。
06,けんぷファー,B、確信的B級アニメ、裸踊り会場で裸踊りをしても誰も文句は言いません、星三つ。
07,空中ブランコ,A、エキセントリックな演出が目立ちましたが、実は話の内容は普遍的で、最終話では「心の病気を抱えた人の問題にいちはやく普通の人は気づかないとダメ」
とごくごく当たり前のことだけど、大切なお話でした。星5つ
08,獣の奏者エリン,A、今期堂々と星5つを上げられる作品。いい意味でも悪い意味でも1クールや2クールで終わらせる軽薄短小な作品が多い中、
一年間通してファンタジー大河ドラマをやり上げたのは、NHK教育テレビだからとしか言いようがない。
アケ村編は退屈な内容ですが母ソヨンが処刑されて、そこからジョウン編に行く当たりから面白くなって、
そこからカザルム学院編前半までは世界名作劇場に通じる日常を描いていました。
後半は国の存亡をかけた政治の話になりますが、原作では作者の政治に対する不信感が描かれており、「国(人)が滅んでしまうのならば滅んでしまえばいい」
というセリフをエリンに言わせていますが、アニメではポジティブに行動し、結果的に国が救われる描かれ方をしています。
シリーズを通して「母親の愛」「教育の大切さ」「権力の二重構造の軋轢」など深いテーマを描いていました。
19,秘密結社 鷹の爪 カウントダウン (2期),A、前作と同じくアホアホな内容でした。星四つ
21,乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ (2期),B、スタッフが萌えアニメサザエさんと言っておりましたが、確かにこのいい意味でも悪い意味でも安定性があるという点では。星三つ。
22,夏のあらし! 春夏冬中 (あきないちゅう、2期),B、いい意味でマンネリ気味、星三つ
23,Darker than BLACK 流星の双子 (ジェミニ、2期),A、少女と不器用な男のロードムービー、謎は残りましたが蘇芳とジュライが幸せになったんだからそれでいいじゃないですか。星5つ
26,おんたま! (ネット配信),B、お話は良いのですがせめて地上波で1クールあればもっと話題になったと思います。星3つ
27,古墳ギャルのコフィー (2期),Aこれもまたアホアホ星三つ

最近のKIDDY GiRL−AND キディ・ガーランド #14「出逢いの刻」

結局一番ひどかった話がBLネタのお話だけか。
決してお話がそれほどうまいわけじゃないだけども朝デュラララのついでに見るだけども良いクールダウンなる感じ。
しかしク・フィーユの記憶障害があっさり戻ったのはなんで?って思ったら調べてみると、障害の理由が能力の使いすぎだったのね。
それにしても二人の出会いが手錠でつながれてしまう凸凹コンビという定番ネタのが面白い、定番ネタであればあるほどこの作品見やすい。