大魔神カノン総評

よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りのバカが「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが
大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだ 王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は作れないぞ!
というAAのセリフがありますが今作がコレでした。
色々まずかった話が多かったですが、終盤「もうあの歌は歌わないで」と言ったカノンのイラっとしました、
これは成長ではなく増長でしょう、本来は元バンドのメンバーが「もうあの歌は使わない」というのを別に使ってもいいからという風に、
器の大きいところを見せるのが大切なわけで、そもそもカノンが作った歌ではないわけですし。
この作品の一番問題なのは特撮で不可欠な「娯楽性」というものが一切存在していない、ニコニコ動画の視聴数の圧倒的少なさはそこら辺からでしょう。

2010秋調査(2010/7-9月期、終了アニメ、26作品)

2010秋調査(2010/7-9月期、終了アニメ、26作品)
01,HEROMAN,B
02,みつどもえ,A
03,生徒会役員共,B
04,GIANT KILLING,x
05,黒執事II (2期),B
06,あそびにいくヨ!,C
07,会長はメイド様!,B
08,けいおん!! (2期),A
09,祝福のカンパネラ,C
10,夢色パティシエール,B
11,世紀末オカルト学院,C
12,戦国BASARA 弐 (2期),C
13,MAJOR 6th season (6期),C
14,RAINBOW 二舎六房の七人,x
15,家庭教師ヒットマンREBORN!,x
16,あにゃまる探偵 キルミンずぅ,B
17,オオカミさんと七人の仲間たち,C
18,裏切りは僕の名前を知っている,C
19,ストライクウィッチーズ2 (2期),B
20,セキレイ Pure Engagement (2期),x
21,ザ・ペンギンズ from マダガスカル,x
22,学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD,C
23,バトルスピリッツ 少年激覇ダン (2期),D
24,ポケットモンスター ダイヤモンド&パール (3作目),x
25,スターウォーズ クローンウォーズ シーズン2 (2期),B
26,モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 アイルー危機一髪,x

01,HEROMAN,B そつのない出来栄え、王道と在り来りな展開は紙一重なのですがギリギリ王道でした。
02,みつどもえ,A 毎週ゲラゲラ笑っていました。
03,生徒会役員共,B みつどもえと違いDVDが売れたのはやはり登場人物の年齢の違いでしょうなぁ。
05,黒執事II (2期),B DTBの第二期と同じく極端に前期の物語を崩さない丁寧な造りでした
06,あそびにいくヨ!,C キャプテン・フューチャーネタが一番輝いていました。
07,会長はメイド様!,B やはり素材を見事にさばいた監督の力量が大きいと思います
08,けいおん!! (2期),A なんとなく過ぎていく日常を最後まで見届けました。
10,夢色パティシエール,B 料理アニメとしてよく出来ていた作品だと思います。
11,世紀末オカルト学院,C 他の人と違い個人的に笑える作品ではありませんでした。
12,戦国BASARA 弐 (2期),C 前期と違い馬鹿度が薄まったのが。
16,あにゃまる探偵 キルミンずぅ,B 本来ならば2クールでも終わるような内容を迂回したようなシリーズ構成でしたが、それ故に登場人物の厚みが深い作品でした。
17,オオカミさんと七人の仲間たち,C 元々羊飼関連の話は原作でもつまらない話でしたので。
19,ストライクウィッチーズ2 (2期),B 無理やり宮藤芳佳の話を終わらせた印象が強い、まぁいずれ続編があるんでしょうが。
22,学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD,C 元々ホラーというものはこれから嘘をつきますよというものですが、この作品はご都合主義の塊でした、まぁターゲットが明確でしたから。
23,バトルスピリッツ 少年激覇ダン (2期),D ホビーアニメというのは視聴者も制作者側も「そのホビーで解決する」というウソを暗黙の了解にして、作品を成り立たせているのですが、今作はそのウソを半分放棄したためにファンタジー要素との折り合いが付かなくなったところが。
特に重要ヒロインの華実の死のエピソードはホビーアニメとして最悪の出来栄え。
またバシンとは対照的に丁寧にバトスピを描こうとしてかえって短調冗長化になってしまい、魅力が半減。